• FXに関する円高と円安の考え方を理解する

    • FXで相場を見るときには、それぞれの通貨のペアの価値が上がっているのかそれとも下がっているのかを確認することが大事です。

      日本では円を中心とした取引が行われるため、円の価値が上昇したときには円高、円の価値が下降したときには円安として表示されるようになっています。
      では、そもそもこうした通貨の価値同士の変動はどのような意味を持っているのでしょうか。
      円高になるということは、円の価値が従来に比べて高くなっていることを意味します。円という通貨が価値を上昇させてると、他の通貨は相対的にその価値を下げることになるのです。



      これは当然の話で、例えば1ドル100円で交換していたものが1ドル90円で交換出来るようになると、1ドルあたり10円分の出費を削減することが出来ます。



      今までは1ドル貰うのに100円も支払わなくてはいけなかったのに、円の価値が上昇することによって1ドル90円で済むようになるのです。



      こうした傾向が続けば、当然海外から何か物品を仕入れるときには円の価値が向上していることから安く仕入れることが可能になります。



      そのため、輸入会社の利益が向上することになるのです。



      円安は反対の事象のことを意味するため、円高と円安の流れがわかれば世の中の経済的な流れが非常に簡単につかめるようになります。

      特に、FXは為替相場を見て取引をしないといけないためこれらの知識は最低限知っておかなくてはいけません。


      これだけでも、FXの収益は大きく変わってきます。



  • 関連リンク

    • FXに関する円高と円安の考え方を理解する

      FXで相場を見るときには、それぞれの通貨のペアの価値が上がっているのかそれとも下がっているのかを確認することが大事です。日本では円を中心とした取引が行われるため、円の価値が上昇したときには円高、円の価値が下降したときには円安として表示されるようになっています。...

    • FXを始めるために必要なものを準備していく

      FXは、株取引のように証券所を通して取引をするわけではありません。そのため、取引をするために必要なものを最初に用意しなくてはいけないのです。...