• FXで重視すべき取引スパンのポイント

    • FXで資産を運用する際に重要なポイントとしては、取引期間があります。



      FXでは数年単位でポジションの保有を継続して大きな収益を上げることを目的とするスイングトレードがあります。


      また、外為市場の価格変動が激しいときには、この市場の変動を上手く活用し、数分単位で取引を行うケースも多くあり、この短期トレードは短時間の取引で細かな利益を積み重ねる事が重視されるという違いがあるのです。



      これらのFX取引のトレードのスパンの違いは、個々の資産の状態や、トレードに費やす事が出来る時間、得意な市場の局面、取引システムの違いなどが多分に影響するので、それぞれの違いを正確に把握した上で、適切な取引期間を選択しなければなりません。



      一般的に、FXに費やす事が出来る資産が少ない方の場合には、少額な資金でトレード回数を増やす事が必要とされることから、短期的なトレードがメインとなる事が大半です。



      そのため、価格変動の大きくなる市場の開幕の時間帯や、経済指標の発表のタイミングを狙い、この適切な時期に複数回の短期トレードを繰り返し収益を積み重ねる事が重要になります。



      また、長期的なトレードを行う場合には、市場の大きな価格動向を把握する事が要点とされ、外為市場の長期的な流れを把握しておかなければなりません。
      特筆すべき点としては、取引通貨だけに注目するのではなく、他の関連性の強い金融商品や、主要通貨の動向、経済情勢なども加味した上でトレードを継続することです。



  • 関連リンク

    • FXに関する円高と円安の考え方を理解する

      FXで相場を見るときには、それぞれの通貨のペアの価値が上がっているのかそれとも下がっているのかを確認することが大事です。日本では円を中心とした取引が行われるため、円の価値が上昇したときには円高、円の価値が下降したときには円安として表示されるようになっています。...

    • FXを始めるために必要なものを準備していく

      FXは、株取引のように証券所を通して取引をするわけではありません。そのため、取引をするために必要なものを最初に用意しなくてはいけないのです。...